自転車産業振興協会

通番
1688
入力番号
J00383
副題
報告者
服部四士主
所属
技術研究所技術第1部
出典
技研ニュース
号・年号・貢
NO.84 1985-2 P1-2
発行年月日
19850228
概要

自転車はまさに守成期である。守成を遂げる道は、ということになるが、経営ないしは施策的な論は他に俟つとして、技術的な面で探ってみよう。まず第一に「自転車技術理論の確立を図れ」といいたい。自転車はすでに成熟期に入っていると言えるが、世に完全ということはないように、決して完成品ではないはずだ。「百尺竿頭一歩を進む」道は、自転車を理論的に見つめ、経験的に得た績を上積みする何かを見付けることだ。第二に言いたいことは、「自転車人(びと)よハイテク列車に乗り遅れるな」ということである。

入力日
19901201
キーワード
自転車産業/自転車化社会/自転車生産技術
画面枚数
2
PDF貢数
2
File
J00383.pdf