自転車産業振興協会

通番
1663
入力番号
J00358
副題
国際規格と国内規格について
報告者
大阪支所
所属
出典
技研ニュース
号・年号・貢
NO.78 1984-2 P4-5 DW3
発行年月日
19840229
概要

音の測定に関しては、その物理的現象を理解するためいろいろな方法が採られてきた。古くは音速を大砲の閃光と音の到達時間の差の測定により求めたという例があるが、このように測定手段として聴覚を使っていた。現在の騒音計にしても原型はバルクハウゼン型聴感式のもので、800Hz付近を中心周波数とするブザーの音をイヤホーンによって片耳で聞き、この音の強さを加減して、他の耳に聴こえる音の大きさと合せる方法がとられ、また、マイクロホンを使用した騒音計は、戦前(1930年代)から製作されていた。

入力日
19901127
キーワード
音響/騒音/測定
画面枚数
2
PDF貢数
2
File
J00358.pdf