自転車産業振興協会

通番
1264
入力番号
C01267
副題
報告者
吉村昭三 尾崎治一
所属
大阪支所 化学技術課
出典
自転車技術情報
号・年号・貢
No.71 1996-12 P68-72DW3TB3PH3
発行年月日
19961220
概要

自転車部品にはアルミ(合金)が多く利用されている。アルミに対しては陽極酸化(アルマイト)、めっき、塗装などの表面処理が適用されており、それぞれ特徴を有しているが、一長一短がある。そこで、今回、新たに電着塗装法によりすべてのアルミ(合金)に応用可能で、アルミの外観を生かし、さらに耐擦傷性のある有機皮膜の開発を試みた。その結果、改良型ウレタン電着塗料を用いることにより、耐食性の確保と弾性特性の維持を図ることが可能となった。また塗膜外観も大幅に改善することができた。

入力日
19970423
キーワード
表面処理/アルミニウム合金/電着塗装/ウレタン
画面枚数
5
PDF貢数
5
File
C01267.pdf