自転車産業振興協会

通番
1166
入力番号
C01169
副題
報告者
遠藤明太郎
所属
大福製紙(株)
出典
自転車技術情報
号・年号・貢
NO.53 1991-11 P1-4 DW3
発行年月日
19911125
概要

(財)自振協技術研究所が和紙を基材とした複合材料を開発、これを使った自転車を発表したことは驚くべきことであり、和紙に対する新たな期待がわく。ここでは、現代の和紙とは、機械抄き和紙、和紙の原料、紙の強度、紙と複合材料の各項に分けて解説している。紙と樹脂との複合材料には、フレキシブルなものでは謄写板、絶縁薄紙など、リジッドなものにはベークライト、化粧板、紙エポキシ樹脂積層板などがある。高性能な樹脂との適合性も先端産業の中で実証されつつあり、将来に期待がもたれる。

入力日
19920521
キーワード
和紙/複合材料/繊維強化複合材料
画面枚数
4
PDF貢数
4
File
C01169.pdf