自転車産業振興協会

通番
1079
入力番号
C01079
副題
報告者
伊藤勝彦
所属
理化学研究所
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.104 1963-3 P26-41 DW29TB6
発行年月日
19630315
概要

機械、構造物その他の実験的応力解析に、光弾性方法が用いられて大いに貢献していることは、いまさら強調するまでもないが、最近は二次元光弾性より三次元への発達はもちろん、光塑性実験への進歩がなされている。これらは実験法そのものの進歩によることはもちろんであるが、同時に合成化学の進展とともに、これに使用される模型樹脂が著しく進歩したことにもよる。今まですでに講演会などでしばしば発表してきた実験結果をまとめて、今後これらの材料を使用される多くの人々の便宜をもあわせ考えて、やや詳細に報告することにした。

入力日
19900711
キーワード
光弾性実験法/応力解析/光塑性実験/合成樹脂材料
画面枚数
16
PDF貢数
16
File
C01079.pdf