自転車産業振興協会

通番
1050
入力番号
C01050
副題
塗料溶剤の取扱について
報告者
須藤梅吉
所属
(財)自転車技術研究所総合研究室
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.97 1962-6 P28-32 TB4
発行年月日
19620630
概要

溶剤は、塗装して乾燥させてしまえば空気中に揮散してしまうものであるが、塗膜を形成するためには現在ではなくてはならない物質である。したがって、揮発性であり、その多くは程度の差はあるが、引火性、麻酔性などの芳しからぬ性質を持っている。塗装作業は溶剤を含む塗料、希釈剤を取り扱う機会がきわめて多いので、これら溶剤の取扱上参考となる事がらについて紹介する。なお詳細については労働安全衛生規則、有機溶剤中毒予防規則、消防法、危険物取締条例などの諸規則などを参照されたい。

入力日
19900701
キーワード
塗料/溶剤/取扱い基準
画面枚数
5
PDF貢数
5
File
C01050.pdf