自転車産業振興協会

通番
1013
入力番号
C01013
副題
報告者
安倍駿一郎
所属
大阪府立工業奨励館
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.85 1961-7 P1-7 DW8TB2
発行年月日
19610731
概要

熱処理技術の進歩といえば、品質保証や量産化のための各種加熱冷却設備、計測器、熱処理用鋼、特殊な熱処理手段の出現や、熱処理材の新しい用途への開拓などがあり、これらの新しい設備や、計測器や熱処理用鋼や特殊な熱加工法の発展には著しいものがあるが、そのすべてついて解説することは、とうてい筆者の尽くしうるところではない。そこで、比較的新しく見聞したもにで興味のもてそうな二三を紹介する。項目は、高温浸炭、流動粒子加熱法、水蒸気処理法、浸硫法、マルコマイジング法、以上である。

入力日
19600615
キーワード
熱処理技術/浸炭法/流動粒子電気炉/水蒸気処理法/浸硫
画面枚数
7
PDF貢数
7
File
C01013.pdf