自転車産業振興協会

通番
984
入力番号
C00984
副題
昭和34年度課題研究報告
報告者
高木六弥
所属
(財)自転車技術研究所総合研究室
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.77 1960-11 P1-8 DW20TB10
発行年月日
19601130
概要

当所では、数年前より放電加工機を設置し、各種塑性加工用金型の加工に新分野を開いてきたが、これを一段と進め超硬合金の加工にこれを応用する研究を行ったので、これらの事項について報告する。         超硬合金は、ハガネ型より高価であり、その設計製作、取扱、維持には特別の注意が必要である。単にハガネを超硬合金に置き換えただけではその効果は望めない。この点を十分心得て採用すれば、ハガネ型の数倍ないしは数十倍の寿命効果を発揮し、大いに製品品質を向上するのみならず、まことに経済的ともなる。

入力日
19900609
キーワード
超硬合金/金型/塑性加工/放電加工
画面枚数
8
PDF貢数
8
File
C00984.pdf