自転車産業振興協会

通番
966
入力番号
C00966
副題
昭和34年度課題研究報告
報告者
服部進 安田庄平
所属
(財)自転車技術研究所総合研究室
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.72 1960-6 P14-28 DW30TB8
発行年月日
19600630
概要

わが国では実用車にほとんどバンドブレーキが取付けられ普及率は高い。これはリムブレーキのごとくリムをいためないこと、ブレーキ半径が小さいわりにブレーキのききが良好であるためである。しかし、逆行を止める場合に比較的大きい操作力を必要とする点、ブレーキ摩擦音の発生、ライニングの耐久力などに問題が多い。とくに長坂路降下で連続ブレーキをかける場合、ブレーキ胴の熱容量の小さいこと、カバーのため冷却が不十分であるため、熱による性能低下または破壊が生じやすい。これらの問題について検討を加えたので報告する。

入力日
19900605
キーワード
バンドブレーキ/性能試験/動的試験/ブレーキライニング
画面枚数
15
PDF貢数
15
File
C00966.pdf