自転車産業振興協会

通番
915
入力番号
C00915
副題
報告者
吉田亨 大沢暢夫
所属
名古屋市工業研究所
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.56 1959-1 P36-43 DW9
発行年月日
19590131
概要

本稿はProduction Carburizingなる報告の訳文である。前回に続き固形浸炭法からガス浸炭へと設備変遷の歴史を主体に述べられている。  個形浸炭は過去の過去の古い遺物である。浸炭法は一世代で前世紀全体以上の進歩を遂げた。しかしながら、われわれはいつもガスで浸炭してきたのである。炭素質の物質を封じこんだ浸炭箱はじつは小さな個々のガス発生装置であり、これは浸炭現象を完成するのに十分な活性ガスを徐々に発生し得たからである。

入力日
19900521
キーワード
浸炭法/浸炭炉/浸炭剤/固体浸炭法/ガス浸炭法
画面枚数
8
PDF貢数
8
File
C00915.pdf