自転車産業振興協会

通番
797
入力番号
C00797
副題
報告者
西田正孝
所属
科学研究所
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.38 1957-7 P32-39 DW20TB1
発行年月日
19570731
概要

適正な金属材料を用いて製作した部品が破壊する原因は無数に存在するわけであるが、統計的に分類すると、つぎの四つのいずれかに属するはずである。1.形状の不適切、2.予想外の負荷、3.製造過程で材料に生じた欠陥、4.使用中の魔耗と腐蝕。このうち、1に属する場合としては応力集中を原因とする疲労破壊がかなり多く見られ、金券大きな関心を持たれるようになった。この問題は重要であるので、今回は、疲労破壊の基礎的事項、疲労破壊の様相、疲労破壊と応用集中および破壊係数、以上の項目を採り上げて解説する。

入力日
19900420
キーワード
力学/応力/応力集中/疲労破壊
画面枚数
8
PDF貢数
8
File
C00797.pdf