自転車産業振興協会

通番
697
入力番号
C00697
副題
報告者
森薗玄堂 武山栄作
所属
自転車生産技術開放研究室
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.26 1956-7 P57-62 DW4TB7PH3
発行年月日
19560731
概要

前報(本誌第22号)においては、回転研磨に使用する研磨材およびコンパウンドについて述べ、さらに工業的にどのような方面に利用されはじめたかについて述べた。本第2報では、自転車部品に回転研磨を工業的に利用した場合、適当な回転研磨槽の形状、回転数、研磨材、コンパウンド、被研磨物と研磨材の比率、水の量、研磨時間等の各要素に対して、切削量、その仕上面のアラサ等が受ける影響について、実験研究した結果について述べる。

入力日
19900326
キーワード
バレル研摩/研摩材/コンパウンド/仕上面あらさ
画面枚数
6
PDF貢数
6
File
C00697.pdf