自転車産業振興協会

通番
650
入力番号
C00650
副題
報告者
片岡修治
所属
(株)宮田製作所
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.21 1956-3 P27-31 DW3TB5PH1
発行年月日
19560315
概要

塗膜の耐久性、塗装の外観、塗装費の軽減、生産能率の向上などをはかるためには、下地付けを廃止することが最も望まれているが、素地が平滑良好であれば、これがまったく不必要となってくる。そこで昭和29年度の委託事業には、フレーム管用センターレスバフ研磨機の試作研究が取上げられ、宮田製作所がこれを担当して試験した結果が非常に良かったので、今回はフレーム約千台を用いて、パイプのバフ研磨による下地なしのフレーム塗装の生産試験を行い、多量生産の場合の問題、全面実施の可能性の検討を行ったので、その概要を報告する。

入力日
19900323
キーワード
塗装技術/フレーム/バフ研摩/下地なし塗装
画面枚数
5
PDF貢数
5
File
C00650.pdf