自転車産業振興協会

通番
618
入力番号
C00618
副題
報告者
野田一六
所属
名古屋工業大学
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.18 1956-1 P29-31 DW2TB4
発行年月日
19560131
概要

鉄鋼の簡易鑑別法としては種々の方法がある。グラインダーによる火花試験法、粉末による火花試験法、ペレット試験法、接触熱起電力を利用する方法、以上の四方法が現在工場現場で実施されているものである。このうち簡単でよく利用されているグラインダーによる火花試験法について、前回、1.火花試験用器具、2.火花試験の方法、3.火花の一般的性状、及び4.各種合金元素の影響の途中まで述べたので、今回はその続き、及び5.熱処理の影響、6.火花特性の実例と言う項目に従って述べる。

入力日
19900312
キーワード
鉄鋼/火花試験/グラインダー/簡易判別法/合金鋼
画面枚数
3
PDF貢数
3
File
C00618.pdf