自転車産業振興協会

通番
610
入力番号
C00610
副題
報告者
恒川喬介
所属
自転車生産技術開放研究室
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.17 1955-12 P54-61 DW9TB3
発行年月日
19551231
概要

水溶液中での加熱、しかも焼入温度に達する、それは通ずる電気の特異性だけが“可能らしい”と考える根拠を与えるだけであったが、その答が次のように得られた。極棒と品物とが接触している間はアークは飛ばないが、それらが少し離れるとアークが飛び加熱が起る。電弧溶接のように電解液中に金属を浸して高い電圧をかければ、その周りにガス雰囲気を生ずる、それは電弧溶接の場合の極棒と品物との離間に相当するから、アークが飛び、加熱が起るのであろうということである。

入力日
19900312
キーワード
電解液/加熱/電解焼入
画面枚数
8
PDF貢数
8
File
C00610.pdf