自転車産業振興協会

通番
489
入力番号
C00489
副題
報告者
関立大
所属
通商産業省工業品検査所
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.7 1955-3 P123-124 DW1
発行年月日
19550320
概要

輸出産業の振興ということは恒久的に市場を確保することによって成立つため、政府は終戦後いち早く粗悪品の海外流出を防止するため、それまでの規則等を統廃合して輸出品取締法として一貫した思想のもとに貿易政策のうちの輸出政策の一環として取締精度の確立、運用へと移行させた。自転車業界においても、自転車競技法の制定から、その競技による収益金による事業に、検査設備の充実と検査精度の確立を選んでいることによっても、輸出の振興、とりわけ検査精度が重要なことがあるのがわかる。

入力日
19900130
キーワード
輸出検査/製品検査/自転車生産技術
画面枚数
2
PDF貢数
2
File
C00489.pdf