自転車産業振興協会

通番
462
入力番号
C00462
副題
報告者
小川喜代一
所属
東京都工業奨励館
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.5 1955-2 P45-51 DW7PH4
発行年月日
19550220
概要

前号までの2編で一般的な鋼の表面硬化法に関して、現在工業化されている各種の方法、特殊について述べた。本講座の主体は、自転車部品の表面硬化処理であるから、現行の処理法として最も関連性のある各種滲炭硬化法について、工業的に重要と思われる現象及びその内容を遂次述べる。本編は滲炭硬化法のうち、固態滲炭処理に関して記述する。その原理、滲炭剤の性質、肌焼鋼の相異によって生ずる問題、熱処理法ならびに耐摩耗性に及ぼす影響、あるいは処理炉の適正、使用るつぼの選択などについて詳述する。

入力日
19900126
キーワード
表面硬化法/固体浸炭法/浸炭剤/はだ焼鋼
画面枚数
7
PDF貢数
7
File
C00462.pdf