自転車産業振興協会

通番
453
入力番号
C00453
副題
報告者
安藤芳郎
所属
名古屋市工業研究所
出典
自転車生産技術
号・年号・貢
NO.4 1955-1 P67-72 DW7PH4
発行年月日
19550131
概要

現在自転車用ハブの試験法として、JISに規定されているのは、硬度と回転摩耗試験及びボールの寸法測定であるが、これらの試験は、主として耐摩耗性-寿命を推定するために行われている。しかし、ハブの性能としては、回転性能の方が耐摩耗性よりも重要である。   筆者は、ハブについて、主として回転に関する研究を行ってきたので、その試験方法と設備について述べ、他の研究機関で行われた方法と、また多少の欠点はあるが現場的に簡単にできる方法も考え、これらを一緒に紹介する。

入力日
19900123
キーワード
ハブ/回転試験/回転装置
画面枚数
6
PDF貢数
6
File
C00453.pdf