自転車産業振興協会

通番
267
入力番号
C00267
副題
報告者
長谷川一秋 鈴木重義 横山克義 岡安征雄
所属
東京支所金属加工課
出典
自振協技術研究所報告
号・年号・貢
NO.5 1975-3 P133-135 DW2PH4
発行年月日
19750325
概要

自転車フレーム用のバテッド管は、引抜きまたは押出し方式により、数多くの工程を経て製造されるためコスト的にも高価である。またパイプ先端部の尺取りは機械加工にて切断または切削を行ない、ばり、だれなどがあって仕上り状態は必ずしも良好ではない。そこでこれらを冷間塑性    方式により、シングルまたはダブルバテッドはもとより、同時に端末部の尺取り加工を行う能率的な専用自動加工機を設計・試作したので、その概要について報告する。

入力日
19891123
キーワード
バテット管/冷間塑性加工/パイプ端末
画面枚数
3
PDF貢数
3
File
C00267.pdf