自転車産業振興協会

通番
153
入力番号
C00153
副題
部品の組合せにおける締結部のゆるみおよび強度の調査研究
報告者
服部四士主 浜崎 島村 浪上 藤川 吉野 大橋ほか
所属
技術第1部 同左 技術第2部 同左ほか
出典
自転車技術情報
号・年号・貢
NO.29 1985-10 P56-66 DW17TB3PH2
発行年月日
19851025
概要

自転車ねじ部が転倒などの衝撃外力を受けた場合、ゆるみが生じやすく、危険ないしは機能低下につながる恐れがあるので、その実態の調査研究を望む旨の提案が、(社)日本自転車工業会からあった。これに基づき、自振協・技研において、昭和59年度より「部品組合せにおける締結部のゆるみおよび強度の調査研究」のテーマの下に、調査研究を行うことにした。当年度は自転車におけるゆるみの実態、一般的なねじのゆるみのメカニズムなどの調査および予備実験など、基礎的な調査研究にとどまったが、それらについて報告する。

入力日
19891009
キーワード
ねじ/ねじの締付機構/締結法/回り止め/自転車ねじ
画面枚数
11
PDF貢数
11
File
C00153.pdf